上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「背徳のヴィーナス」シナリオ公開第二弾です。





夫がある身でありながら、心の寂しさを紛らわすためにマルスにその身をゆだねるヴィーナス……。

今回は、ヴィーナスの寝所にマルスが忍び込むワンシーンを紹介いたします。
神話の中でも有名な一場面です。桐矢隆氏のイラストともにお楽しみください。

泉で知り合った美しい女性が夫をもつ女神・ヴィーナスと知り、マルスは動揺する。自身は今、道ならぬ恋に踏み込んでいる―――例えゼウスの息子であろうとも、罪を逃れることはできない。しかし、己を律しようと思えば思うほど、ヴィーナスの笑顔がちらついて、マルスの心をとらえて放さなかった。



罪悪に塗れながらもマルスの想いはいっそう強くなる。ありのままの自分を愛してくれた女性がたまたまヴィーナスだった、というだけのこと……。
二人の愛は激しさを増し、ついにマルスはヴィーナス(あなた)の寝所へと踏み込むことになった。

*****

寝所で身体を横たえていた貴女は、ベッドが沈んだことに気づき身を起こす。すると、そこにはマルスがいて……

マルス「驚いた顔をしているな。なぜ俺がお前の寝所にいるのか、と。俺がここにいることを、夫に見られたら……そう思っているのか?」

うなづく貴女に対して……

マルス「ならば心配はいらない。俺はウルカヌスが出て行くのを見計らってここへ来たのだ」

夫に見られては大変なことになってしまう―――そう案じた貴女は、マルスに早く部屋を立ち去るように命じる。しかし、

venus_cut3.jpg

マルス「ヴィーナス、さすがにここで俺と会うのは気が引けるか? だが、それも今さらというものだ。俺が夫がある身と知りながら抱き続けるように、お前も俺を受け入れ続けたのだから……俺たちは、共犯者だ」

深紅の瞳に見詰められ、貴女の中に淫らな熱がともる。

マルス「お前の肌が恋しくなって……たまらないんだ。だから……いいだろう?」

甘い声で誘われて断れるはずもなく、されるがままに寝台に組み敷かれる。

マルス「この寝台で、あの男とも寝ているんだろう? その寝台の上でお前が別の男に抱かれていることを知ったら、あいつはどうするだろうな」

あの人は……気にしないと思うわ、そう複雑な面持ちで返すと、

マルス「気にしないだと? 自分の妻が他の男の腕の中にいようと構わないというのか?」

彼の方が不思議な顔をする。
あの人は私に興味ないから……と口にしたところ

マルス「まったくわからないな、お前に興味がないなんて。俺だったら絶対に許さない」

大きくたくましい腕が、体をまさぐった。

マルス「この真っ白な柔肌に噛み付いてやりたい。痛みを与えてきちんとしつけて、自分が誰のものかよく思い知らせないと気が済まない……そしてもう他の男の目には触れないよう、枷をつけて檻の中に閉じ込めてやる。そして俺だけを待って、俺だけを愛するんだ。どうだ……?」

こんな風に熱く、激しく求めてくれるなんて……。
陶然とする貴女の様子を満足げに眺め、マルスは飢えた瞳で言った。

マルス「蕩けそうな顔をして……そんなにひどくされるのが好きなのか?」

~~中略~~

マルス「お前の口で、俺を満足させてみろ。何を戸惑う必要がある? お前は幾度となくこれを自分の身体に受け入れただろう?」

ためらいがちに、マルスの雄に舌を這わせる貴女。

マルス「ん……ぅ……、はぁ……そうだ、可愛いなお前は……ん……あ……ん……、こら、先ばかり舐めるな……ふぅ……!」

男らしい外見でありながらも、快感を得ると無防備な声を上げるのが可愛らしい。少しだけ意地悪をしてやろうと思い、貴女はその先端に甘く歯を立てる。

マルス「く……ぅ……あ……く……ぅ……んっ……バカ……今わざと歯を立てたな……っ? んん……ぁ……ん……う……ぅ……いいぞ……ほら、口を開けてくわえてみろ……ん……唇をすぼめて……しごいてみろ……あ……ぁ……」

言われた通りのやり方で、彼を愛してみせる。

マルス「ん……んぅ……は……ぁ……ん……っ、あぁ……! ダメだ……良過ぎて、すぐにでも達してしまいそうだ……!……ふぅ……ん……く……あ……あぁ……く……っ、あぁぁっ!」

切なく声を上げた直後、口から己を勢いよく引き抜く。熱を持ったそれは、貴女の顔の目の前で滾りを吐き出した。

マルス「はぁ……はぁ……よくできたな……どうした、腰が揺れているぞ。男をくわえて感じていたのか? いやらしい女だ……俺の精で顔を汚して……なんて妖艶な顔をしている。まったくお前は可愛すぎていけない。いつか痛い目に合うぞ。さあ、次はお前を気持ち良くしてやらなければな。ちゃんとできたご褒美だ」

※ 製作上の都合により、収録音源とは異なる場合がございます。予めご了承ください。
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 蜜華INFO all rights reserved.
プロフィール

ミツハシ

Author:ミツハシ
「美味なる蜜」を求めるオトナの女性のためのコンセプトCDレーベル<蜜華-mitsuhana->の公式ブログです。蜜華の園の管理人・ミツハシが、蜜華の最新情報をお届けいたします。

> 公式サイト

> 蜜華 公式ツイッター

蜜witter

『蜜華』レーベル情報をおしらせする公式ツイッターです。

最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。