FC2ブログ
「お姉さまと僕」より、シナリオ公開のお知らせです。

3回目は、ステラワース限定盤特典の1シーンをご紹介いたします。
嫉妬心を露わにした壱に組み敷かれ、腕の自由を奪われ……。
年下だと思っていた壱の中に「男」を感じる場面です。
是非お楽しみくださいませ。

※ 「続きを読む」より、お進みください。
----------------------------------------------

<ステラワース特典「初めての嫉妬」>

パーティー会場で留学生から英語の手紙をもらった貴女。
いつものように壱に英単語の意味を訊ねると、彼は見たこともない表情を浮かべる。
嫉妬心を露わにし、普段とは違う方法で触れてくる壱に対して貴女は……。

壱「どうしてわからないんですか。この手紙は、あなたへの愛が溢れている。
  こんなもの、僕は見たくありません」


そう言って、異国の男性からもらった手紙から視線を外し、
壱は貴女に背を向ける。

壱「……すみません。平気なふりをしていましたが、本当はちっとも平気じゃなかった。
  男からの手紙など……預かりたくはなかった。あなたに渡したくなどなかった……。
  でも何より。……こんな子どもでワガママな僕を……あなたに見せたくはなかったんです」


苦しげに、絞り出すような声でそう打ち明け、
机をたたき感情をやり過ごそうとする姿がいじらしい。

壱「お部屋にお戻りください。……今の僕は、何をするかわかりません」

―――こんな状況で、部屋に戻れるわけがなく。

貴女は、その場から動かず、じっと壱を見つめる。

壱「だから出て行ってくださいと……お願いしているのに……」

複雑な感情をそのままに、
壱は少し強引に、貴女の腕を引き寄せ……

壱「いいんですね。今日の僕は、いつもの僕ではありませんよ」


~中略~


壱の部屋・ベッドの上で組み敷かれる。
キスをしながら寝間着を肌蹴させられ、
胸を手で隠そうとしたところを捕まえられた。


壱 「手が邪魔ですね。ああ、そうだ」

こんな風に役に立つとは思ってもいませんでした。
そう悪戯に微笑んで、腰帯で貴女の両腕を縛り上げる。

壱「ふふっ、こうして縛ってしまえば、手を動かすことなどできないでしょう?」
  恥ずかしいですか? ……大丈夫。心配しないでください。
  もっと恥ずかしいことをしますから……」


貴女を抱き起こし、向かい合う体勢に持ち込まれた。

壱「舐めてください」

いつになく強気な彼の態度に、ぞくぞくと興奮を覚える貴女。
衣服をくつろげた壱は息を弾ませ、

壱「手はほどきませんよ。縛られたままでも舐められますよね?」
  ……さあ、どうぞ」


oneboku03.jpg


----------------------------------------------

いつもとは違う、強気な壱にどのような愛撫を施されるのか……。
是非、ステラワース限定盤特典CDにてお確かめくださいませ。

※ 製作上の都合により、収録音源とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2020 蜜華INFO all rights reserved.
プロフィール

ミツハシ

Author:ミツハシ
「美味なる蜜」を求めるオトナの女性のためのコンセプトCDレーベル<蜜華-mitsuhana->の公式ブログです。蜜華の園の管理人・ミツハシが、蜜華の最新情報をお届けいたします。

> 公式サイト

> 蜜華 公式ツイッター

蜜witter

『蜜華』レーベル情報をおしらせする公式ツイッターです。

最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR